設計の思い

誰のために、
何のために
設計するのか?

若山 立人

設計課若山 立人tatsuhito wakayama

緑が引き立てる街並みと住まい

外観デザインは、そこに住む人のためのものであると同時に、街のものでもあります。長い時間をかけてつくられてきた街並みを壊すようなものであってはなりません。私たちはできる限り木を植えます。緑は、住む人にも、前を歩く人にも、季節の訪れを告げながら心豊かな暮らしをお届けすることができます。いかに植栽のスペースを確保するか。その緑を引き継ぐ外観と室内空間をどうデザインするか―そのことをいつも考えています。

“ノイズ”のない空間の心地よさ

窓の種類や大きさを揃えたり、室内に現れる線や凹凸を整え、“ノイズ”の少ない空間に仕上げることも設計担当者の仕事です。高い天井は気持ちのよいものですが、低い天井に包み込まれるような空間にも魅力があります。「理由はわからないけれど、何か落ち着く」—そう感じていただけるように、妥協せず細部まで丁寧に検討を重ねて、心地よい空間をつくりたいと思っています。

デザインとは何だろう?

デザインという言葉には、アートのようなイメージがあったり、飾り立てるテクニックのような響きがあります。しかし、本来の意味のデザインとは、そうしたものではありません。人とものが出会うところにはすべてデザインが介在します。その心地よいつながりをつくるのがデザインです。
「センスがいい」という言葉もよく耳にしますが、それも特別な才能のことではありません。センスとは「何かおかしいと気付いてそれを整える力」です。何か変だと気付き、それを丁寧に修正していくこと。それが居心地のよい空間づくりにつながります。

ビジネスの発想を超えて

今の建売分譲住宅にデザインはありません。あるのはただ、いかに早く安く建て、売り切るかというビジネスの発想だけです。その家を街並みとして毎日眺める近隣の人のことや、そこに住む人がどんな暮らしをして何を感じながら過ごすのか―そうしたことは最初から考えられていませんでした。これでは新しい建売分譲住宅が建つたびに、街も暮らしも貧しくなっていく一方ではないでしょうか?
建売分譲住宅をしっかりとデザインする―そこから都市の街並みを少しずつでも変えていくことができると思っています。私たちの設計が、街のため、そこに暮らす人のためになっているかどうか、常にそれを問い返しながらデザインしていきたいと思っています。

設計課若山 立人

設計の思い