CONCEPTグランプラスの思い

都市の住まいをもっと美しく、豊かに。

デザインの力で変えていく。

グランプラスの家には必ず木が植えられています。
床には天然木が使われ、空間はシンプルに、そして美しく整えられています。
工事の効率を優先したり、上辺だけをつくろった家ではありません。
私たちが目指すのは、街並みに貢献し住む人に心地よい毎日をお届けする住まい。
デザインの力で、都市の住まいを変えていきます。

その街に溶け込む美しい外観
外観は住む人の個性を表すだけでなく、その街らしさを表現するものです。植栽や外壁の色合い、その形によって街並みに連なり、独自の歴史と雰囲気を未来に受け継いでいく美しい外観をデザインしていきます。
緑が似合うナチュラルな室内空間
外構に植えた一本の木を引き継ぐように、室内もナチュラルで心安まる雰囲気をつくっていきます。床にプリント合板は使いません。インドアグリーンや床の天然木の表情に癒やされる空間が広がります。

GRAND PLACETHOUGHT

誰のために、何のために設計するのか?

街並みを引き立てる美しい外観。ゆったりとした気分で過ごせる“ノイズ”のない心地よい空間—それを実現するのはデザインです。街とそこに暮らす人のために、私たちは一棟一棟、細部まで丁寧にデザインしていきます。

設計課若山 立人tatsuhito wakayama

Read More

日常の小さなことも大切に

設計で一番大切なのは、見た目の格好良さではなく、暮らしやすい細部まで配慮の行き届いたデザインだと思います。それを導くために必要なのはご家族とのコミュニケーション。小さなことでも楽しく話し合う打ち合わせを重ねたいと思っています。

設計課坪野 藍ai tsubono

Read More

“ヒューマンスケール”で考える

私が大切にしているのは“ヒューマンスケール”です。住まいで人が歩き、立ち止まって所作をする—その場面を思い描きながら、空間の大きさや窓の位置などを決めていきます。帖数だけを確保するのではなく、本当の心地よさを考えていきます。

設計課池田 麻衣子maiko ikeda

Read More

設計・施工両面からよりよいものをめざす

仮に設計が優れていても、施工が伴わなければ何の意味もありません。施工力が自慢でも設計に魅力がなければ、暮らしにくい家になってしまいます。設計・施工の両面から、バランスを見て、よりすぐれたものをご提供していくのが私の役割です。

設計・施工課米倉 昭akira yonekura

Read More

土地購入時のボリューム検討を担う

家づくりのスタートとなる土地の仕入れにあたって、その土地にどんな大きさの建物が建てられるか、まずファーストプランを描き、検討の素材を提供するのが私の任務です。第一歩を踏み出す責任と大きな夢を背負ってプランニングを進めています。

設計課菊池 宏治koji kikuchi

Read More

GLAND PLACEのこだわり

木のぬくもり

グランプラスの建売分譲住宅と注文住宅では、一般の建売分譲住宅で使われるプリント合板のフローリングは使用していません。表面に天然木を使った突き板を標準仕様としています。その理由は暮らし心地。床は室内で大きな面積を占めるだけでなく、直接手や足が触れる場所だからです。

プリント合板フローリングは、積層した薄い板の上に木目をプリントした強度のあるシートを張ったもの。自然の木目模様は味わうことができず、木の温もりを感じることもできません。しかしグランプラスの家の床の表面は本物の木。ご家族の暮らしをいつも温かく包みます。

インテリアを彩る

天然木の味わいを楽しむ床に合わせて、家具もぜひナチュラルな木製のもので揃え、インテリアをトータルコーディネートしたいものです。そこで「simple&naturalに暮らす」をコンセプトに北欧&ナチュラルテイストのインテリアを扱う「KEYUCA」とのコラボレーションを始めました。

グランプラスで家づくりをされるお客さまは、KEYUCAのインテリアコーディネートサービスを無料で利用できます。また、選んだ家具は優待価格で購入可能。グランプラスは住まいというハードウェアだけでなく、心地よい暮らしの提供をモットーにしています。ぜひご活用ください。